保湿という美容法

保湿は一般的に女性にとっては必要なことで年と共に水分が減ってきますので、保湿をする必要性は高まります。しかし、保湿は必ずしもお肌にとっていい効果だけがあるわけではありません。過剰な保湿は肌を退化させていきます。

それではどれくらいの保湿が肌にとってベストなのでしょうか?検証してみたいと思います。

肌は外部からの保湿によって水分量が崩れてしまう場合があります。皮脂分を水分の調節は肌自身で行っていますが、肌が外部から保湿されすぎるとこの調節を怠ります。その結果、乾燥につながってしまうのです。

1回限りのことなら、大丈夫ですが継続的に肌がベタつくほど保湿をしているとこうした弊害が生まれてきます。濃厚な美容液などは要注意です。

長期間この状態を継続していると肌の皮脂分と水分を調節する機能は衰え、コントロールがむつかしくなります。そこで有効な保湿とはどういうものでしょうか?

まず化粧水はしっとりタイプが保湿にいいと思われがちですが実は逆です。さっぱりタイプを選んでください。化粧水は高価なものではなくじゃぶじゃぶ使えるものがベストです。なぜさっぱりタイプがおすすめかというと分子がしっとりタイプにくらべ小さいため、肌の奥まで浸透してくれるからなのです。しっとりタイプは肌に落ち着きを与えますがかなりの水分を溜め込んでします。

さっぱりの化粧水をした後に、乳液をするというお手入れで十分肌は保湿されます。過剰な保湿が逆効果だということを認識してください。保湿のしすぎで水分がたまると毛穴に汚れがたまりやすくなります。その結果大人ニキビなどのトラブルが起こりやすくなりますので注意してください。

現在はたくさんの化粧水や乳液があり、冬場は保湿を前面に押し出したものが売れ筋ですが、しっかり自分の肌の状態をみて基礎化粧品を選びましょう。あまり合わない物の時は途中でも変えることをおすすめします。きっと自分にあった基礎化粧品があるはずです。